読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

祝★飲食店.COM 登録会員数10万人突破!!

お知らせ

ものすごくお久しぶりです、潮田です!

今回はとっても嬉しいお知らせがあって、久々に登場してみました♪

 

この度、飲食店.COMの登録会員数が10万人を突破しました!!

パチパチパチパチ

 

2003年に飲食店の出店開業・運営支援サイトとして始まった飲食店.COMですが、

物件探し求人厨房・備品販売食材仕入れ先探しなど、少しずつサービスを増やし、徐々に徐々に会員数も増え、10万人もの方にご利用いただけるサイトへと成長しました。

とっても感慨深いです。

もちろん、これからもどんどん便利なサービスを提供し、まだまだ成長していく予定ですので、ご期待ください!

 

ちなみに、最近では、スマホで簡単に食材の発注ができる「PlaceOrders」というサービスや、飲食店に強いPOSレジのみをご紹介する「POSレジ比較」というサービスをリリースしました。

興味があればこちらもぜひ、使ってみてください。

 

f:id:synchro-food:20160705194053p:plain f:id:synchro-food:20160705193720p:plain

 

では、今回はこのへんで。

これからも飲食店.COMをよろしくお願いします。

 

「小型カメラによる通行量計測プロジェクト」の進捗報告(第3回)

皆さまこんにちは。

 

Webマーケティンググループの冨山です。今回も、以前よりお伝えしております「小型カメラによる通行量計測プロジェクト」の続報をお届けします!

このプロジェクトを簡単に説明しますと、自店舗や出店予定地の通行量を自動で計測できる機器を開発しよう!というもの。前回もブログでは使用する小型カメラの選定が完了したところまでをお伝えしました。今回はその小型カメラを使用して、実際にテスト撮影をおこなったので結果をお知らせします!

 

実際にカメラを置かせていただいたのは中目黒のバー『STAND by ThunderBolt』。平日15:15~17:55の2時間40分ほどを撮影させていただきました。

 

実際に設置した様子がこちら。入口横にある鉢植えの隣に設置させていただきました(赤丸の部分)。

f:id:synchro-food:20160106134833j:plain

 

このプロジェクトの鍵は、映像の中の歩行者を正確に認識することです。今回は実際のカメラ画像に対して2つの認識手法のテストをおこないました。

1つはHOG (Histogram of Oriented Gradients) + SVM (Support Vector Machine) を使った手法です。これは歩行者の輪郭に注目して認識を行うというもの。結果は概ねカウントはできましたが、既存のモデルだと横向きの歩行者を検出するのがやや苦手という傾向が見られました。

 

実際の画像がこちらです。人間は四角い枠で検出されます(写真は弊社スタッフ)。

f:id:synchro-food:20160106134834j:plain

 

2つ目はDeepLearningを用いた手法です。これは多種・大量の画像サンプルをもとに人間の特徴を学習して認識をおこなう手法で、様々な学習データを用意することで、汎用的に高精度な認識ができる利点があります。結果は、テストデータに対しては99%以上の検出精度を叩き出し、且つ認識の速度も高速なものとなりました。

 

実際の画像がこちらです。歩行者として認識された画像片が右上にある縦長の枠(赤枠)に表示されます(写真は弊社スタッフ)。

f:id:synchro-food:20160106134831j:plain

 

今回、2つの手法を試しましたが、どちらも歩行者を認識することに成功。今後はより精度を高めていくために、手法の改良さらに調整をおこなっていく予定です。

本プロジェクトがスタートして約半年。開発もいよいよ大詰めを迎えました。続報は引き続きこちらのブログでお伝えしていきますのでお楽しみに!

 

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。
株式会社シンクロ・フード PR広報部
TEL:03-5768-9522
Mail:support@synchro-food.co.jp

「小型カメラによる通行量計測」プロジェクトの進捗報告

皆様こんにちは。
Webマーケティング担当の佐藤です。
先日ご紹介させて頂いた「小型カメラによる通行量計測」プロジェクトについて、進捗を報告させて頂きますね!

 

自店舗や出店予定地における通行量の計測(特に深夜や早朝の時間帯)を目的とした当プロジェクトですが、現在は撮影した動画から通行人数をカウントする画像解析プログラムの開発に取り組んでいます。
簡単に説明すると、背景画像と前景(=動体)の差分から、動画に映っている人物の数を抽出する仕組みとなります。

開発中の動画解析画面がこちらです。

f:id:synchro-food:20150930115342p:plain


また、ハードウェア(Raspberry Pi)についても、当プロジェクトにマッチした超低消費電力&コンパクトなモデルを選定しました。カメラモジュールについては、通常のカメラから「赤外線カットフィルタ(可視光での見え方に近づけるためのフィルタ)」を外したモデルを選定。画像解析に適した動画が撮影でき、また真っ暗な場所でも赤外線投光機と組み合わせることで撮影が可能です。


小型カメラにミニ三脚を取り付けた様子がこちらです。

f:id:synchro-food:20150930115715j:plain

 

今後は実際の飲食店前にこのカメラを設置し、動画撮影の実験等を行っていく予定です。
また進捗がありましたら、こちらでご報告させて頂きます!

 

 

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。
株式会社シンクロ・フード PR広報部
TEL:03-5768-9522
Mail:support@synchro-food.co.jp

「インバウンド対策セミナー」を開催しました!

こんにちは!セミナー担当の関です。

シルバーウイークも終わり9月も残すところ1週間になりましたね。

 

本日は、9月14日に開催したセミナーについてご紹介します!

こちらのセミナーは、飲食店が外国人観光客を迎え入れるにあたってのポイントを詳しく解説したセミナーです。

 

当日は約30名の方に参加いただきました。

詳細レポートは弊社メディアサイト『Foodist』にてご覧ください!

http://www.inshokuten.com/foodist/column/972/

「小型カメラによる通行量計測」プロジェクトのご紹介

皆様こんにちは。
Webマーケティング担当の佐藤です。

弊社では、飲食店に関わるあらゆる方々に新たな付加価値を提供するべく新サービス開発に取り組んでいますが、そのなかでも新たな試みとなる「小型カメラによる通行量計測」プロジェクトについてご紹介させて頂きます。

既存の通行者計測ソリューションとしては、アメリカのスタートアップ企業「Placemeter」がニューヨーク市と提携して市の監視カメラ映像を解析している事例などがありますが、弊社の通行量計測プロジェクトでは、小型カメラで撮影した動画から人を自動認識してカウントし、通行者量を計測するシステムの研究開発を行っており、飲食店が営業時間延長(特に深夜や早朝)を検討する際のインプットや出店検討中の物件選択の判断材料としての活用を想定しております。

ポイントとなるのは撮影システムがバッテリ駆動式(電源不要)という点です。従来の監視カメラなどでは電源の確保や設置工事が必要となりますが、当サービスが実用化されればどんな場所・条件でも簡易に設置可能、スポットで1日だけ利用して頂くことも可能となります。また、Webブラウザ(PC・スマートフォン)から撮影した動画の閲覧などを簡単に行うことが出来ます。

f:id:synchro-food:20150820143458p:plain

弊社の通行量計測サービスのイメージ


弊社としては初の試みとなる撮影機器が絡んだシステム開発となるため、画像処理を専攻するインターン生と共同研究を進めておりますが、現時点での機器関連の選定状況についても紹介させて頂きます。

まず、メイン機器はLinux ボード「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)」となります。元々は教育用途に開発された機器で、クレジットカード大の小型サイズながらもPCと同等の処理を行うことが可能です。バッテリ駆動が可能なのはもちろんのこと、消費電力が非常に低く、価格も安価で3,000円程度となっております。

そして撮影にあたっては、このRaspberry Piに超小型のカメラを付属させます。Webカメラなどと比較しても、細かい撮影設定が可能で、安定して画像が取得できるのが強みです。(奥の黒いケースがRaspberry Piの本体となります)

f:id:synchro-food:20150817111536j:plain

黒いケースを開けると「Raspberry Pi」の本体はこのようになっています。

f:id:synchro-food:20150817112636j:plain

なお、Raspberry Piそのものには通信機能は搭載していませんが、USB Wi-Fiドングルを外付けすることで無線LANへ接続可能ですので、リアルタイムで撮影内容を確認したり、カメラの操作を行うことが可能となります。
IoT(Internet of Things インターネット接続可能な機器の総称)的な切り口からのサービス展開も視野に入れることが出来ます。

このRaspberry Pi+カメラモジュールのセットで実際に弊社の受付スペースを撮影をしてみた様子がこちらです。

f:id:synchro-food:20150820143705j:plain

このほか直近では、動画に映っている人の数を抽出してカウントする画像解析プログラムの開発に取り組みつつあります。当サービスを皆様にお届け出来る日に向けて尽力して参ります。

 

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。
株式会社シンクロ・フード PR広報部
TEL:03-5768-9522
Mail:support@synchro-food.co.jp

★☆★ 入社のご挨拶 ★☆★

 皆様はじめまして。

7月8日より入社しました、朝日佑馬と申します。

宜しくお願い致します!!

 

簡単にですが自己紹介をさせて頂きます。

 

長野県松本市出身の23歳です。

193センチ、○○キロです。

趣味はスポーツとお酒です!!

 

経歴としては大学を卒業後、求人広告会社に入社し、諸事情により退職しました。

 

その後、事情が落ち着き、また営業職として働きたいと思った時、シンクロ・フードと出会いました。

求人広告の営業活動だけでなく、幅広いサービスに携わることができるやりがいや、面接して頂いたスタッフと役員の方達の人の良さに惹かれ、この会社に絶対入りたいと思うようになりました。

そして現在に至ります。

 

本当に簡単で申し訳ありません。。。。。。

 

入社させて頂いたからには、シンクロ・フードの成長の力になれるよう全力で頑張っていきます。

未熟な部分が多々ありますが、どうぞ宜しくお願いします!!

 

最後に6年前の自分の写真をのせます。。。。

今より30キロ痩せていたころの自分です。。。。。

懐かしさと戒めをこめて。。。。。

 

f:id:synchro-food:20150721163727j:plain

求職者向けのiOSアプリ「Foodist JOB(フーディスト・ジョブ)」リリース

皆様こんにちは。
Webマーケティング担当の佐藤です。

求人@飲食店.COMより求職者向けのiOSアプリ「Foodist JOB(フーディスト・ジョブ)」がリリースされました。

f:id:synchro-food:20150608172517p:plain

・ご紹介ページ: http://job.inshokuten.com/about/app
・ダウンロード(無料): https://itunes.apple.com/jp/app/id992869161
・推奨端末:iPhoneiPod touch
・対応OS:iOS7.0以降

 「お洒落 or 気軽」「静か or 賑やか」など、7つの簡単な質問に答えることで、求職者のイメージに合ったお店をアプリが自動的にセレクト。豊富な写真・情報とともにおすすめ求人として定期的にお届けします。(対応エリア:首都圏、関西)

また、配信されたおすすめ求人を「キープ」「興味なし」と仕分けてもらうことで、アプリが求職者の好みを把握。よりイメージにあった求人が届くようになります。

f:id:synchro-food:20150608172529p:plain

ぜひお気軽にダウンロードをお願いいたします♪

 

(おまけ①)

今話題のApple Watchで通知を表示するとこんな感じになります…!

(アプリのインストール自体はiPhoneにしています)

f:id:synchro-food:20150608172747p:plain

(おまけ②)

当社社員 荻原のApple Watch

f:id:synchro-food:20150608174249j:plain